aya nakahara

生活について考えるブログ

入社1年目の教科書をさらっと読み、さらっと感想をメモ

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

  • 作者:岩瀬 大輔
  • 発売日: 2011/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

1~50までのTipsが並んだ本でした。

なので、目次から気になるものをピックアップしてそのトピックのみ読んでみました。

目次:

3. 「何のために」で世界が変わる

わかる。

これは、やらされ仕事になるのが嫌だからよくやってる。

13. 朝のあいさつはハキハキと

大きい声で、とかではなく明快なほうがいいですよね〜。反省。

15. 仕事は根回し

根回しは完全に悪口っぽく聞こえるが、準備が大事ってことならわかる。

10. 頼まれなくても議事録を書け

オフラインで話したこと、ちょっとした雑談で話したことすぐSlackに書く文化あるよね。

20. 本を速読するな

速読するような本は読まないようにしている。

21. ファイリングしない。ブクマもしない

わかる。

28. ペースメーカーとして、資格試験を申し込む

わかる。一番の下手くそでいよう、に似ている。

29. 新聞は2紙以上、紙で読め

確かに、テレビを生活から完全に排除しているので

勝手に入ってくる情報があえてあったほうがいいと感じたこともある。

次、その時が来たら新聞を取ってみようと思う。

30. 仕事に関係ない人とランチせよ

ランチを気楽に誘うのは若者の特権っぽい。まだ今は若手なので、たくさん誘おう。

33. 敬語は外国語のつもりで覚えよ

敬語という単元を勉強する必要がある

終わりに

本を速読するなって書いてある本を速読してしまってすみませんでした..。確かに入社1年目の人にはいい本だと思う..。