aya nakahara

生活について考えるブログ

自分なりのバッファの考え方

想定外の突発的タスクが慢性的に発生していると人の気持ちがスケールしないから本当に良くないと思っている。

突発的タスクが悪いのではなく、慢性的なのが良くないので改善を図るべきだ。

帰宅してもソワソワしたり、対応中の精神的疲労を感じたら自分の中では危険信号だと思っている。

そういう意味でも、計画は大事。外部要因に限りなく依存しない計画を立てよう。

もちろん、仕事を円滑にすすめるためでもあるし、自分を守るためでもあると考えます。

気持ちがスケールしなくて苦しいのは自分なので。

依存がある場合はそれも含める。これが多分バッファというやつだろう。

依存度に幅があり、自分一人ではコントロール不可能な場合があればその依存を解消するといいと思う。